スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
交換した本の紹介 born to sing/氷砂糖著・総務にゾンビがやってきた!/cage著 
11月頃、氷砂糖さんから新刊「born to sing」が届きました。嬉し~^^☆
遅くなってしまいましたがご紹介いたします。氷砂糖さん、遅くなってしまってすみません;

sborn.jpg

A6、パール調の白い表紙に茶林小一さんによるトランペットとネコのイラスト。
前回いただいた「パラキングダム」とは絵のテイストは違いますが、氷砂糖さんの文章に佇む静謐さは変わらず。
17編の短編小説が収録されています。
豆塚は「ガラスの小瓶」「女の子は」「魚の恋」がお気に入り。
氷砂糖さんの本は三冊読ませていただきましたが、
思ったのは、アイディアの人だなあと。そしてそのアイディアの使いこなしがうまい。
難しい設定もリアリティを持って世界を成立させている。

以下は「ガラスの小瓶」から引用。ガラス工芸職人である私は蓋付き装飾小瓶の依頼人である老人にお礼にと老人の家に招かれる。老人は小瓶に自身の演奏を閉じ込めていた。

「どうやら世間では音を小瓶に閉じ込めることが流行っているらしい。かつて家々にあった調度品としての百科事典のように、今どきはリビングに音を閉じ込めた小瓶を飾ることがトレンドでありステータスなのだという。調度品としての側面を持つなら、なるほど、私の装飾が施された瓶に需要があることも納得がいく。」

「老人は一本の蓋を開け、エッセンシャルオイルを垂らすかのように慎重に中身(見えないけれど)をグラスに注いでゆく。かすかにチェロの音が聞こえた気がした。『私の演奏です』老人はいい、ロックグラスを軽く回す。音の香りが広がる。」


うーん、すごいなあ。情景が浮かんでくる。


もう一冊。「総務にゾンビがやってきた!」こちらはレザックの白、同じくA6サイズ。
著者名はサークルcageとなっていますが中の人は氷砂糖さんだそうです。

szonbiomote.jpg

人口の0.8%がゾンビとして生きている日本。とあるゾンビ者女子の雇用についてのお話。

あとがきによると、著者氷砂糖さんは働く障害者とのことで、
職場で体験したことをベースに「あの時こうしておけば良かった」「こんなことをされたくなかったな」等の創作を交えながら執筆したとのこと。
私も重度の身体障害者で、就労はかなり悩ましいテーマです。というか現在も悩んでます。
なので当事者目線で読むような感じになりました。

なるほどこういったデフォルメの方法があるんだ、と思いました。
障害者の雇用、なんて言ったらちょっと社会問題の香りがぷんぷんとしてなかなか興味を持たれ辛かろうし、
一種の先入観を持たれたまんま読まれてしまうだろうけれど、
ゾンビの雇用って聞いたら、きっと純粋な好奇心で読んでもらえそう。
そしてまたディティールの書き込みが素晴らしいんです。
本の裏表紙にこのような記載が。

szonbiura.jpg

いいなあ。読みたくなりますよねえ。

ただ、短編なのであっという間に読み終わってしまいます。
豆塚的にはもうちょっと続きが読みたい。氷砂糖さん、ぜひ続きを書いてください。m(__)m

ちなみに本の購入はコチラ↓
架空ストア

氷砂糖さんのブログ↓
Luminescence of Rock Candy
スポンサーサイト
交換した本の紹介 獅子王アサドと24本の短剣~ロマンス編~/マンノン著 
獅子王アサドと24本の短剣~ロマンス編~ マンノン著
A5サイズ 72ページ 中綴じ 
あさど

口絵のアラビアンなお姫様のイラストが美しいです。

この本はアラビアンエンタテイメント獅子王アサドシリーズ第二弾、二編の短編が収録されています。
私は第一弾を読んではいませんが、短編ごとに完結しているので問題なく読むことができます。

子供の頃、アラビアンナイトが大好きでした。
ランプやターバン、豪華絢爛な金銀宝石、月と砂漠とラクダ。
見たことのない幻想的な世界観に魅かれていました。
そんな頃から十数年、たくさんの本を読んできましたが、そういえばアラビアンなお話ってあれきりだった。
アラビアンなお話って少ないのでは?たまたま私が読んでこなかっただけ?
ともかく、とても懐かしく心地よい気分で楽しめました。

内容は獅子王アサドの妻、カマル姫にまつわるお話。
機転の利いた展開を見せつつもお約束をしっかり踏襲しており、とても読みやすく飽きない。長さも気軽に読むのにちょうどいいです。

マンノンらんど
http://gomeraku.hiho.jp/mannonland/index.html
著者マンノンさんが所属するサークル「マンノンとガチョウ」のHP。
ネットで公開中の作品も読めますよ!


マンノンさん、紹介遅くなってしまってすいません(´・ω・`)
交換した本の紹介 パラキングダム/氷砂糖著 
不思議なこともあるもんで、最近とんと反応がなかった
「本を交換しませんか」企画(http://mmn.soragoto.net/toredo.html)でしたが、
立て続けに二冊も本が届きました。

他の作家さんとのやりとりは、ネットやメールですることはあるものの、
それが手紙という形になっただけで、とっても親密になれた気がする。たった一往復のやりとりだけれども。
特にこの企画は、見ず知らずのどこかの作家さんが送ってくれることもあるから、なおさらご縁を感じる。

ということでご紹介させていただきます。とりあえず今日は一冊。

s7T1A3191_.jpg

パラキングダム 氷砂糖著
A6サイズ 68P 無線綴じ

独特なタッチで描かれる短編たち。
収録されているほとんどの作品が見開き2ページほどで完結する超短編です。
物語の展開自体よりも、言葉の持つ空気感を大切にされているようなかんじ。
表紙のほんのりパール加工された白や挿絵のタッチも相まって、
ただ淡々と語られていく病的な静けさとその内に渦巻くものを感じます。

この世界観、私はものすごく好き。
抑制された感情、ごく瞬間的に火花が上がる。
なにも感じてないんじゃなくって、感じすぎて、蓋をしている。
白く塗りつぶしている。
だから読んでいるこっちはその向う側を見たくなる。

氷砂糖さんのブログ。作品も掲載されてます。
http://ice03g.blog.fc2.com/

この本のご購入は架空ストアまで。
https://store.retro-biz.com/page_detail_2281.html#i8236

なんとPVも作られています。見ると本の雰囲気が伝わるかも。
https://www.youtube.com/watch?v=uoUpLknTk84&feature=youtu.be

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。