スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宣伝! 
ユニバーサル劇団まぜくる☆別府の公演のときに裏方をされていた劇団背油こってりさんが大分市のほうで公演をされるそうです!!

↓以下貼り付け↓


劇団背油こってり第五回公演「BUGS」
BUGS......
「世界はもっと、広いんだ」
「馬鹿なことを言うな」
「たかだか4キロなのだし、そんなに広くはないと思うのだけれど」
「彼は何を言っているんだい」
「彼は、大丈夫なのかい」

端に壁なんてない。世界はもっと、はるかに広いはずなんだ。

演出
ルースィー・ラブグッドウィル
脚本
ぶりちゃん
日時
2012.03.20(火・祝)
昼:開演14:00 (開場13:30)
夜:開演18:00 (開場17:30)
場所
ATHALL
 大分市中央町2-6-4
 一井開発ビル3F
その他
前売:1,200円
当日:1,500円

↑以上貼り付けでした↑

ATHALLはエレベータがないとのことですが、車椅子でも対応してくれるそうです。
チケット購入はこちらから↓

おしゃれなポスターに意味深なセリフたち…気になります。
私もお昼の公演から行く気満々です^^ 前売りチケット購入しました☆
20日は祝日なので…都合のつく方はぜひ~^^



スポンサーサイト
本領発揮 
18日土曜日に、別府のサザンクロス4階にて「詩を読む会」なるものがあり、初参加してきました!
実はわたくし、高校時代は文芸部の詩のエースとして活躍してきたという過去がありまして…詩で私の右に出る者はいない!とまぁ豪語しましたがそこそこ頑張ってたってとこです。
怪我をして高校を中退されられたのちも細々と詩作を続け、先日詩集を発行するほど凝っているのですが(おや? 余計な宣伝文句が…)、なかなか詩に対する思いを共有できる場がなく、さみしい思いをしていたところに「詩を読む会」の存在を知り、自作の詩を手に張り切って行ってまいりました。

ちなみに持って行った詩↓↓↓テーマが「時」とのことで、ちょっと難しかった…

駅のホームで
先日メアドを交換しあった
「知人」たちと別れた駅のホーム
即席で張り付けた笑みで
グッバイと手を振る
何が グッドなのか
ぴらぴらと振った手のひらは
薄く冷たい

ガラスの瓶のかけらみたいな
ささやかなうつくしさを
いつだって探し求めようとして
けれど
喧騒だらけのこの街で
孤独なにぎやかさに
めまぐるしく過ぎる日々に
目が見えなくなってきているのを
痛感する

なかなかどうして
さっき見た映画の名前も出てこない
悲しくなるほど
好きだったものも
ほこりを被ってしまっている

このままではいけない
このままでは
わけのわからない予感に
つり革を掴む
電車は今日も
同じ時間に発車する

11人の参加があり、みなさんそれぞれ自作の詩や誰かのを引っ張ってきた詩を持ってきて、それぞれの思いを自分の言葉で表現されていました。活発に意見が交わされ、有意義なひとときでした~
いやあ、詩っていいですよ。久々頭をフル回転させました。
私の詩にもたくさんの批評をいただき、とても勉強になりました。
次回は4月末にあるそうです。とても楽しみ♪

ちなみに宣伝↓↓


詩集「AM05:30」
15歳から今まで書きためた詩で気に入っているものを選んで詩集にしました。
一部300円なり。100部刷って、半分ほどまだ在庫があります。
今のところCILゆぴあ事務所内で販売中です。(別府市北浜一丁目1-20やよいビル1F)
興味のある方はぜひ♪


そういえば 

次回予告をしておきながら違うものをアップするという・・・
重センで最後に出来上がったトールの作品を早く上げたかったのです。
訓練の集大成とも言える作品です。まだまだ未熟な部分も多いですが・・・。
お仕事して、お給料をもらったら、道具をそろえてまたかきはじめようと思っています。
ちなみに人生初の給料日は3月25日。わたしの19歳の誕生日なのです!!なんたる偶然。
十代最後の一年、よい一年になればいいなあ。
そんなこんなで 
長らくご無沙汰です!!ようやくパソコンを触れる環境が整いました~
無事アパート暮らしがスタートし、早くも2週間以上経ってしまいました。
部屋の片付けや家事に追われる毎日でてんてこ舞いですが、なかなか充実した日々を過ごしています^^
この間いろんな出来事が盛りだくさんにあったのですが、多すぎていっぺんには書ききれないので、写真を交えながらちょっとずつ紹介したいと思います!
 
先月29日、日曜日に、太陽の家にて、ユニバーサル劇団まぜくる✩べっぷの演劇「smile!!~僕らは未来へ走り出す~」の公演がありました。
有志で役者を募っていて、私も役者として参加してきました^^
去年の夏から毎週練習を重ね、その努力が実を結ぶ結果となりました。

↑本番のようす
私演じる車椅子の少女「楓」と、ヒロイン「絵里」が初めて対面するシーン。楓が落とした携帯を絵里が拾ってくれているところです。
当日、お客さんは130人程来てくれたそう!!会場の方を見ないようつとめたので(みんなかぼちゃに見える・・・)、全然実感がわかなかったのですが・・・。
重度センターの所長も見に来てくれましたよ~^^
いやあ、笑いあり、涙ありのいいお芝居だった・・・
 
そんなこんなで一月は矢のように過ぎ去っていったのでした。
それでは次回、まめこ、別府の街に住むの巻!!お楽しみに~(なんのこっちゃ)
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。